(C)TOSS-TWO-WAY/小学校/学校づくり/朝会/七夕/短冊

    五色の短冊の五色とは?

渡部 敬@TOSS/Sannai    


1 一言紹介

七夕の歌に出てくる「五色の短冊」の「五色」を取り上げ,七夕や夏の星に興味を持たせる。七夕の時期に話す。

2 準備物

折り紙で作った短冊(青,黄,赤,白,黒,紫),茶封筒

「五色のたんざく」と書いたA3サイズかB4サイズの紙

3 こんな話だよ

 ささのはさーらさらー ・・・ (と七夕の歌を歌う)

 もうすぐ七夕様ですね。今,一番を歌いましたが,二番はどんな歌詞で始まるか知っていますか?

意外に,知らないものである。

 正解は,ごしきのたんざく わたしがかいた・・・(と二番のはじめを歌う) です。

 ごしきのたんざく,漢字で書くとこう書きます。(「五色のたんざく」と書いた紙を見せる)

 さて,五色の短冊の意味,わかりますか?

「五つの色の短冊」

 そうですね。短冊の色が五色だというわけですが,何色だと思いますか。

子ども達はあてずっぽに答えた。ところが,偶然にも五色をあてたのである。

「青」

 青,この封筒の中に青の短冊は入っているでしょうか。ジャーン。

 入っていましたねぇ。(茶封筒から青の短冊を取り出す) この青は,織り姫星の色を表しているのだそうです。ベガという星です。

続けて,黄色,赤,白,黒が出された。出される毎に,その色の短冊を茶封筒の中から取りだし,簡単に説明を加えた。

 黄色は,彦星の色を表しています。アルタイルという星です。

 赤は,夏の代表的な星座さそり座の星,アンタレスという星を表しています。

 白は天の川を表し,黒は夜空の色を表しています。これが五色だったのです。

 ところが,黒はちょっと縁起が悪いと言うことで,紫色に置き換えられたそうです。

 五色の短冊にもきちんとした意味があったのですね。さて,今年はどんな願い事を書くのでしょうか。楽しみですね。


 ご質問・ご意見はメールにてお願いいたします。